Mr.HEAD

提供: plasticwiki2
移動先: 案内検索

Mr.HEAD は山口がプロデュースをしているロボットのアーティストとして2014年から活動をしている。また、2018年より描画機・AI として山口の絵画制作のサポートもしている。 Mr.HEADのエンジニアリングは本宮曜が監修を行っている。

Version

TH3 Series

Version Description Year Credit
TH3-004KOTATSU2 TH3-003KOTATSUのマイナーアップデート版。フレームサイズが2700mm x 2700mm に拡張され、2500mm程度の描画領域を持つ。モーター・フレーム強度も二倍以上に増強され描画時のズレの発生が大幅に解消された。 2018 機械工作:本宮曜
TH3-003KOTATSU Trance Realityの絵画に実装された。170 mm x 1700mm 程度の描画領域を持ち、ちょうどこたつぐらいの高さであることから KOTATSU と命名された。絵画の乾燥装置としてキャンバスの裏にこたつ用ヒーターが四機装備されている。Trance Reality の処女作Her eyes were hollowlyなどを制作した。 2018 機械工作:本宮曜
TH3-002AI インターネットから画像収集を行い、学習しドローイングを描画、Twitterに投稿する。Twitter上で情報収集も行う。 2018 プログラミング(描画):加納佳之、プログラミング(プラットフォーム):山口真人
TH3-001LENA Trance Realityのコンセプトメイキングの段階で開発がスタートした。レーザーカッターを装着したシリンダーを左右に動かすことでドットのドリッピングをしながら描画を行う。LENA の名称はエンジニアがテスト用に使用するPLAY BOY で使用されていた画像からきている。800mm x 800mm まで描画可能、KOTASTUの開発と共に解体された。 2018 機械工作:本宮曜、川上圭(アシスタント)

TH2 Series

Version Description Year Credit
TH2-002 絵の具の詰まりを防止すべく気圧のコントロール機能を搭載。これによりメンテナンスが激減しより自律して描画することが可能になった。 2018 機械工作:本宮曜
TH2-001 4色分のボトルを搭載。36時間稼働できるように改良がされた。Spring Starburstを制作 2014 機械工作:本宮曜

TH1 Series


Version Description Year Credit
TH1-001 テスト用プロトタイプに開発された。Spring Worm Hole を制作。 2014 機械工作:本宮曜

Website