アート制作に於ける戒律

提供: plasticwiki2
移動先: 案内検索

これは山口が自分自身のアート制作に於いて守るべきルールとして規定したことである。

  • 付加価値のみによって構成されていること(機能性を完全に除外すること)
  • 先人へのオマージュが作品にあること
  • 先人への反逆があること
  • その時代の瞬間が作品に投影されていること
  • 自分の瞬間的な感情が投影されていること
  • 奇跡的に出来た作品であること
  • 再現不能な作品であること(一点しか存在しない)
  • 表面的な美的感覚で感動ができる作品であること
  • 未来100年以上存続するフォーマット、マテリアルを使用すること(第三者が修復可能であること)