「Draft bio」の版間の差分

提供: plasticwiki2
移動先: 案内検索
(脚注)
(脚注)
 
(同じ利用者による、間の12版が非表示)
4行目: 4行目:
 
[[法政大学]][[経済学部]]卒業。[[アヌシー]]、[[SHIFT]]、[[Gestalten]]などに作品を出品している。[[APOGEE]]のウェブデザイン、[[椎名林檎]]のファンクラブ[[林檎班]]のデザイン、[[J.A.M]]、[[SOIL&"PIMP"SESSIONS]]の[[ミュージック・ビデオ|PV]]、[[ユニクロ]] [[UT]]などを制作している。[[2007年]]に[[ideasketch]]を設立している。ミュージシャンとしての活動もあり、2002年にpoetportraitsよりアルバムrevoxをリリースしている。2012年頃より現代美術家として活動、アクリルを加工した彫刻作品やペイティングを発表している。また改造した掃除ロボットやレーザーカッターを改造した機械によるペインティング、ドローンを使ったペインティングなど、機械を用いた実験的な作品を発表している。
 
[[法政大学]][[経済学部]]卒業。[[アヌシー]]、[[SHIFT]]、[[Gestalten]]などに作品を出品している。[[APOGEE]]のウェブデザイン、[[椎名林檎]]のファンクラブ[[林檎班]]のデザイン、[[J.A.M]]、[[SOIL&"PIMP"SESSIONS]]の[[ミュージック・ビデオ|PV]]、[[ユニクロ]] [[UT]]などを制作している。[[2007年]]に[[ideasketch]]を設立している。ミュージシャンとしての活動もあり、2002年にpoetportraitsよりアルバムrevoxをリリースしている。2012年頃より現代美術家として活動、アクリルを加工した彫刻作品やペイティングを発表している。また改造した掃除ロボットやレーザーカッターを改造した機械によるペインティング、ドローンを使ったペインティングなど、機械を用いた実験的な作品を発表している。
  
==作品==
+
==作品・作風==
===ポップアートからの影響===
+
ポップアートやポップカルチャーの作品を引用し、再構築する手法でグラフィカルな作品を制作。モチーフとして、アンディ・ウォーホル、ダミアン・ハースト、草間弥生などのアーティストを引用した作品がある。
ポップアートやポップカルチャーの作品を引用し、再構築する手法でグラフィカルな作品を制作。モチーフとして、アンディ・ウォーホル、ダミアン・ハースト、草間弥生などのアーティストを引用する。背景には20世紀のポップアートのほか、1990年代の音楽ムーブメントである渋谷系に影響を受けたと本人も語っている。<ref name="「渋谷系」と「日本」のもの作りの共通点 信藤三雄×山口真人">[https://www.cinra.net/interview/201508-shindoyamaguchi]xxxxxx</ref>
 
  
===シュルレアリスムからの影響===
+
山口は自身の作品について、ポップアートやシュルレアリスムなどアートの分野以外に、日本の90年代の音楽・ムーブメントである渋谷系から影響を受けていると語っている。
お掃除ロボット、レーザーカッター、ドローンを改造した描画機械を制作。シュルレアリストによる自動筆記(英: Automatic writing)に影響をうけた実験的な作品を制作。
 
  
 
==個展==
 
==個展==
30行目: 28行目:
 
* revox / [[drumrin]]<br>
 
* revox / [[drumrin]]<br>
  
==外部リンク==
+
== 脚注 ==
* [https://plastic.tokyo/ 山口真人オフィシャルサイト]
+
{{Reflist}}
 +
 
  
== 脚注 ==
+
=== memo あとで消す ===
{{Reflist|30em|group=†}}
 
  
 +
https://www.complex.com/style/2013/12/art-basel-miami-beach-masato-yamaguchi-interview
 +
https://www.cinra.net/interview/201508-shindoyamaguchi
  
{{DEFAULTSORT:やまくち まさと}}
+
==外部リンク==
[[Category:日本のグラフィックデザイナー]]
+
* [https://plastic.tokyo/ 山口真人オフィシャルサイト]
[[Category:日本の画家]]
 
[[Category:法政大学出身の人物]]
 
[[Category:1980年生]]
 
[[Category:存命人物]]
 

2019年7月8日 (月) 14:00時点における最新版

山口 真人(やまぐち まさと、1980年 - )は、日本グラフィックデザイナー映像作家日本の現代美術家東京都生まれ。

概要

法政大学経済学部卒業。アヌシーSHIFTGestaltenなどに作品を出品している。APOGEEのウェブデザイン、椎名林檎のファンクラブ林檎班のデザイン、J.A.MSOIL&"PIMP"SESSIONSPVユニクロ UTなどを制作している。2007年ideasketchを設立している。ミュージシャンとしての活動もあり、2002年にpoetportraitsよりアルバムrevoxをリリースしている。2012年頃より現代美術家として活動、アクリルを加工した彫刻作品やペイティングを発表している。また改造した掃除ロボットやレーザーカッターを改造した機械によるペインティング、ドローンを使ったペインティングなど、機械を用いた実験的な作品を発表している。

作品・作風

ポップアートやポップカルチャーの作品を引用し、再構築する手法でグラフィカルな作品を制作。モチーフとして、アンディ・ウォーホル、ダミアン・ハースト、草間弥生などのアーティストを引用した作品がある。

山口は自身の作品について、ポップアートやシュルレアリスムなどアートの分野以外に、日本の90年代の音楽・ムーブメントである渋谷系から影響を受けていると語っている。

個展

  • 2019年 "Digital Objects"( Turner Gallery / Tokyo, Japan )
  • 2019年 "Prologue of Trans Reality"( H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI / Tokyo, Japan )
  • 2016年 "MADE IN TOKYO"( Gallery Onetwentyeight / NYC, US )
  • 2015年 "MADE IN TOKYO"( Gallery Speak For / Tokyo, Japan )
  • 2014年 "Plastic Painting"( Gallery Speak For / Tokyo, Japan )

映像作品

音楽作品

脚注

テンプレート:Reflist


memo あとで消す

https://www.complex.com/style/2013/12/art-basel-miami-beach-masato-yamaguchi-interview https://www.cinra.net/interview/201508-shindoyamaguchi

外部リンク